松川だるま 宝船 6寸

古くから仙台庶民に親しまれてきた「松川だるま」。
伊達藩の藩士「松川豊之進」により創始されたと言われ、「本郷久三郎」が弟子入り。
現在も「本郷だるま屋」として伝統を守り続けています。

大海原を表現した群青色で顔の周りを縁取り、梅や寿、俵の乗った宝船などが描かれた、仙台を代表する縁起物。

商品サイズ
高さ約18

外箱サイズ
縦21僉濂16僉濆發17

※商品はすべて手しごとで制作されているため、写真とは若干異なる場合がございます。ご了承ください。
販売価格 6,048円(税込)
SOLD OUT

Top