こけし缶 佐藤武志 遠刈田系 秋保こけし

手しごと、そのままに。

東北が誇る「伝統こけし」が新しいお土産として登場しました。
伝統こけし工人がひとつひとつ丁寧に作るこけしを、缶に詰めそのままお届け。
クッションとしてこけしを作る時に出る「木くず」も詰めました。
木の香りがするこけし工人の作業場の雰囲気を、そのままお楽しみいただけます。

伝統こけし工人 遠刈田系 秋保こけし 佐藤武志

昭和20年生まれ。師匠は父の佐藤武雄工人。
今回企画の為の限定作品。
かたちは「えじこ」でありながら、さらに「輪入り」で制作した逸品。
よだれかけをした「男の子」という秋保では古くから作られていたこけしを、さらに独創性の溢れる作品として完成させている。
みずき材を使用。

缶のサイズ
直径8cm×高さ6cm

※一度のご購入で1種類1個まで


販売価格 2,268円(税込)
SOLD OUT

Top