こけし缶 小笠原義雄 遠刈田系

手しごと、そのままに。

東北が誇る「伝統こけし」が新しいお土産として登場しました。
伝統こけし工人がひとつひとつ丁寧に作るこけしを、缶に詰めそのままお届け。
クッションとしてこけしを作る時に出る「木くず」も詰めました。
木の香りがするこけし工人の作業場の雰囲気を、そのままお楽しみいただけます。

伝統こけし工人 遠刈田系 小笠原義雄

昭和11年生まれ。師匠は朝倉英次工人。
今回企画の為の限定作品。
遠刈田系の代表的な胴文様「重ね菊」を描き、頭部は本人型の黒のオカッパ頭で制作。
小笠原工人独特の哀愁をおびた表情が可愛らしい。
みずき材を使用。


缶のサイズ
直径8cm×高さ6cm

※一度のご購入で1種類10個まで

販売価格 2,268円(税込)
購入数


おすすめ商品


雄勝の濡れ盃

108,000円(税込)


仙臺の刻(大)

19,440円(税込)


ga('require', 'linker'); ga('linker:autoLink', ['shop-pro.jp'], false, true);
Top